脂肪肝食事ガイド!※おすすめの大麦若葉商品ご紹介!

脂肪肝の食事にはこちらの大麦若葉商品がおすすめです!

脂肪肝の人の食事は脂質を抑えることがポイントになりますが、脂質は人間の体にとって重要な栄養成分であり、糖質やタンパク質と共に大切なエネルギー源です。また、脂肪を含んだものは胃の中での停滞時間が長く腹持ちが良いのが特徴です。1日3食規則正しく、朝昼夕のパターンで食事をするためにも脂質を適量とることは効果的で、脂溶性ビタミンであるビタミンA、D、E、Kの溶媒となり一緒にとることでその吸収率を高める特徴もあります。糖質が体内で燃焼する時に比べ、ビタミンB1の必要量が少なくて済むことも栄養上の利点です。脂質を構成する主な成分である脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。飽和脂肪酸は魚類を除いた動物性脂肪に多く含まれ、不飽和脂肪酸は植物性脂肪と魚類に多く含まれています。動物性脂肪の取り過ぎは脂肪肝だけでなく、動脈硬化を引き起こす原因となる血液中のコレステロールを増やすことになるため注意が必要です。脂肪肝の人が肉類を食べる時も部位を考え、霜降り肉やベーコンなどの脂肪がたっぷり含まれた食品はなるべく避けるようにします。植物性脂肪には、リノール酸やリノレイン酸といった生命保持に大切な役割を果たす必須脂肪酸が含まれているので植物性脂肪を中心とした食事を心掛けるようにします。植物油や魚類に多く含まれている多価不飽和脂肪酸は、血中コレステロールを低下させる効果があります。心筋梗塞や脳梗塞の原因となる高脂血症予防にもなるので積極的にとるようにします。特に、魚に含まれているDHAは脳の働きを向上させ認知症防止になるとも言われています。ただし、多価不飽和脂肪酸は酸化しやすいので過剰に摂取することは禁物です。何故なら生体に有害な過酸化脂質を生成し、健康障害を引き起こす可能性があるからです。大事なことは動物性脂肪、植物性脂肪を偏ることなく、バランスよく適量とることで、摂取比率は脂肪肝の人の場合、1対2の範囲に維持することが望ましいとされています。